• カタログ

    商品や作品などの品目(写真や詳細情報)を整理して記したもので、商品や作品の良さを伝える為には単に情報並べるのではなく、見る方の視線に立ち、わかりやすく、見ることが楽しいカタログにすることがポイントです。商品カタログ、通販カタログ、ギフトカタログなどがあり、ページ数も様々です。

  • パンフレット

    ハードカバーがつけられていないページ数の少ない冊子の事で広義ではリーフレットも含みます。UNESCOによる定義では「本文が5ページから48ページまでのもの」となっています。主に商品やイベント、施設などの宣伝や案内につかわれます。パンフレットを上手に活用すれば、商品販売やイベントの盛況に貢献するでしょう。

  • リーフレット

    1枚の紙に宣伝や案内を印刷したものです。宣伝や案内に使う点ではパンフレットと同じですが、1枚の紙に情報を集約するので、パンフレットより手軽に配布できます。1枚の紙といってもチラシと違い厚めで高級感のある紙を使用し二折や三折など折り加工をしてページを持たせるとこが多いです。

カタログ・パンフレット製本方法

二つ折にした紙を重ね、折目の部分を針金で留める製本方法で、本を180°開くことができます。ページ数の多い物や耐久性を求めるものには向かず、折り曲げた状態で裁断されるため、ページによって広さが変わり、中心部のページほど狭く、外側のページほど広くなります。

製本の際に線(糸や針金)を使用しない方法で、背を切り落とした後傷を付けて接着する無線綴じと、切り込みを入れて糊を浸透させるあじろ綴じがあります。比較的丈夫で重ねによるページのズレもない為、ページ数の多い冊子に向きます。 本を180°開くことはできない為、見開きの写真や図には向きません。

リーフレット折加工方法

  • 折加工とは、印刷された1枚の紙を折っていく加工の事です。様々な折り方がありますので、代表的な折り方をご紹介します。
    巻三つ折や両観音折などは内側に折り込むページを少し(2〜4mm)小さくする必要があります。

  • 2つ折
    (平行折)

  • 巻3つ折
    (平行折・片観音折)

  • 外3つ折
    (平行折・経本折・
    Z折・ジャバラ折)

  • 巻4つ折
    (平行折)

  • 内巻4つ折
    (平行折・両観音折)

  • 外4つ折
    (平行折・経本折・
    W折・ジャバラ折)

  • クロス8頁折
    (十字折・田の字折・
    8頁回し折)

  • DM折
    (2つ折+巻3つ折)

ご質問・お見積等、お気軽にお問い合わせ下さい。