チラシについて


チラシイメージ

チラシは多くの人の手に渡り目を通してもらえるので情報を的確に伝えることができます。
チラシの効果を高めるには内容に応じた用紙サイズを選ぶことと、ターゲット層を絞り配布するタイミングも重要となります。
折込チラシは短期間で一気に配布することもできるため新商品の販売、イベント告知など宣伝効果が期待できます。また、割引や無料クーポン、粗品プレゼントなどをチラシに掲載することで手に取ってもらいやすく大きな集客効果が見込めます。

チラシのサイズ

チラシに使われる紙のサイズ規格は主に2つあります。

A判

手配りや店置きに多いのがA判規格です。国際規格に沿っていて、公文書など幅広く使われています。

A版サイズ
JIS B判

日本で主に使われているB判は国際規格とはサイズの異なるJIS B判です。新聞折込の料金は基本的にB判で価格が設定してあるので、折込チラシに多いのがこの規格です。

JIS B版サイズ

チラシに使われる紙の大きさは主に以下のようなサイズがあります

A2

あまりチラシに使われることはないですが、ダイレクトメール同封や営業ツールのチラシとして使われることがあります。

A3

あまり多くはないですが、手配り、店置きなどでボリュームのあるチラシを2つ折りにして使われます。

A4

手配り、店置きなどで最もポピュラーなサイズです。ボリュームにもよりますが、どの大きさが良いか迷った時はこのサイズがおすすめです。

A5

手配り、店置きなどでよく使われます。A4より小さく、本やノートにも挟みやすいです。

A6

郵便はがきに近いサイズです。面積が小さいので表現できる内容は絞られますが、店置きなど場所をとらずに置けます。

B2

最近少なくなりましたが、4つ折りにして折込チラシ、ダイレクトメールの同封に使われます。

B3

主に2つ折りにして折込チラシに使われます。スーパーや家電量販店などのチラシによく使われます。

B4

折込チラシで最もポピュラーなサイズです。ボリュームにもよりますが、折込チラシでどの大きさが良いか迷った時はこのサイズがおすすめです。

B5

チラシで使われることは少ないですが、A4より小さいのでA4の冊子などに挟み込むことができます。

紙質

上質紙

基本的な紙になります。コーティングなどを施していないので、ナチュラルな質感ですが、発色は良くなく写真やイラストをキレイに見せたい場合には向かないといえます。文字が主体のものやモノクロ写真のものなどに使われます。また、アンケート回答を書き込んでもらう時(加筆性)などに適しています。代表的な紙の中では安価です。

コート紙

上質紙をベースに光沢のあるコーティングを施したものです。発色が良いので写真やイラストをキレイに見せたい場合に向きます。ペンなどで書き込みをする際、用紙がインクをはじく為、書き込みには向いていません。価格は上質紙よりすこし高くなります。

マットコート紙

上質紙をベースに光沢の無いコーティングを施します。コーティングをしていますので発色が良く写真やイラストをキレイに見せることができます。コート紙とは違い光沢をおさえているので、落ち着きがありワンランク上の雰囲気を出すことができます。価格はコート紙より少し高いくらいです。

厚さ

印刷で使われる紙の厚さは1000枚当りの重さで表記します。
チラシに使われる紙の厚さは主に以下のようなサイズがあります。
(印刷業界ではA判もB判も四六判[788mm×1091mm]換算で使われることが多いので、
ここでも四六判の斤量[重さ]で表記しています。)

45kg

スーパーや家電量販店のチラシなどに見受けられます。チラシとしてはかなり薄く、片面一色のチラシや郵送物で重さを気にする場合やコストをおさえたい場合などに使われます。

55kg

コピー用紙より少し薄く、最近の折込チラシはコストの面でこのクラスの厚さの紙が中心です。

73kg

コピー用紙とほとんど同じ厚さです。手配り、置きチラシでは一般的な厚さ。どの厚さが良いか迷った時はこの厚さがおすすめです。

90kg

カレンダーなどでよく使われる厚さです。チラシとしては厚めです。マンションや不動産など高級感を出したい時やしっかりしたものを作りたい場合に使います。

配布方法

チラシは数多くの配布方法がありますが、目的に合わせて使いわけることが大切です。

新聞折込

折込日を指定でき、短期間で一気に配布することが出来るため、狙ったタイミングに合わせた集客が見込めます。ターゲットは比較的年齢層は高めですが、新聞を取っている家庭に確実に届くので、手にとってもらえる可能性は大いに高まります。

ポスティング

ターゲットとする地域の家庭や事業所などに、配布先を絞り込むことで無駄なコストを減らし、反響を上げる点が大きなメリットです。新聞購読されていない世帯にも配布することができます。ポストに投函できるサイズ・形状であればどんなものでも可能です。

DM

見込み客や既存顧客との関係を維持させる役目があります。他のメディアに比べて、詳細にエリアやターゲットをセグメント(細分化)できます。内容や情報量に合わせて、ハガキ以外にも封筒に入れるなど形状の自由もききます。

手配り

ターゲットの集まる時間と場所をしっかりと狙うことでムダもなく、渡した時に直接そのチラシの感想を聞くこともできます。情報を厳選して本当に伝えたいことをチラシに掲載することで、受け取ってもらえる確率を上げることができます。

フリー
ペーパー折込

地域のフリーペーパーに折り込んで配布する方法です。地域に根差したメディアに挟み込まれるので、チラシの情報に対する信頼が高まるというメリットもあります。掲載されている内容に沿ったチラシならクーポンなどの併用で効果が期待できます。

タウンプラス

日本郵便が運営・活動している独自メディアで、指定のエリア(町丁目単位)の全郵便受けに宛名なしDMの配達が可能な郵便サービスです。顧客リストやDMリストを持っていない場合や、初めての店舗出店や新しい地域で事業展開をする際に役立ちます。

置きチラシ

ラックやスタンドに設置されたチラシのことです。置き型、壁に設置するタイプ、卓上型などラックの形状もさまざまです。配布コストを大幅に削減できるうえ、受け取る側も興味のあるチラシだけを手に取ることができるのがメリットです。

同梱

通販を利用した顧客へ商品を発送するときに同梱する挨拶状や商品チラシなどを指します。同梱物は商品と一緒に届くので、顧客が手にとって読む可能性が高い販促ツールです。商材×媒体の組合せによってリピートの期待が持てます。

Webチラシ

PCやスマートフォンなどのディスプレイを通して閲覧してもらうチラシのことです。URLを貼り付けてチラシから直接別のホームページに誘導することもできます。主に印刷物用に作成したデータを流用するのでいつでも見ることができます。

お気軽にご相談ください

TELTEL


0859-25-1161

FAXFAX


0859-25-1232

メールフォーム

MailForm
pagetop